百日紅(さるすべり)
f0001883_8351367.jpg

 散歩中に出会った百日紅。
 山々の緑に紅色が映えます。

 中国が原産(確か・・・!?)の「百日紅」この、漢字を使うのを今日、お客さんに教えてもらいました。
 何の疑いもなく「猿滑」とばかり思っていました。木がツルツルして、木登り上手な猿も登れないから「猿滑」と。

 百日間、花を咲かせるのでこの名前が付いたとか。実際は、一度咲いたところから、次々に花が咲くので、ずーっと咲いているように見えるそうです。

 子供の頃、庭ある百日紅のつぼみを指(親指と人差し指)でつまみ、前後にひねって無理やり花を咲かせて遊んでいました。(よく怒られましたが・・・)
 今でも百日紅を見るとついやってしまいますf(^_^);


 
[PR]
by nisi2005 | 2006-08-15 00:33 | 奄美大島 | Comments(0)
<< 干ばつ あまみ・あしび >>